カードローンネット即日融資

カードローンの審査で調査される事

今はWEB申込みの独壇場です。パソコンやスマートフォンからも申込みが出来る時代です。カードローンの審査時間も僅か30分程度と、審査時間もスピーディです。

審査で調べられるのは、先ず信用情報で過去に金融事故はないか?他社借入はあるのか?ないのか?あった場合入力された金額と、差異は常識の範疇か?等が主に調べられます。家族に関して差ほど調べられません。調べられるのはあくまで、申込み者本人に関してです。

ここで、借入件数をサバを読んで過少申告すると折角借りられるラインの方でも著しく心証が悪くなり、融資を受けられない事があります。勿体ないですよね。折角お金を借りられる状況にいながら借りられないと言う現象が起きます。

カードローンの審査はここまで細かくみています。

この金額の虚偽申告で消費者金融は何を考えているかと言うと、その人が如何に真面目に正当な金額を入力するか?言わば人間性を見ています。実際WEB申込みなので、相手の顔は見えませんが審査担当者の鋭い勘が働きます。

対面審査が無くなってもプロの審査担当者にかかれば直ぐに矛盾点の1つや2つ簡単にみつかります。今は、中々消費者金融の社員と顧客が顔を合わす事は先ずありません。

カードローンの審査の主な重視点は
※1過去に金融事故はないか?
※2他社の借入はないか?
※3総量規制の範囲ないか?

主にこの3つが重点的に見られています。

この3つ以外にも年収もかなり消費者金融は気にする所です。消費者金融は、返済がストップされるのが1番怖いので勤続年数も気にします。