カードローンネット即日融資

10年前と変わった消費者金融

近代社会は消費者金融に大きなうねりがこの10年で2回あり大きく10年前と変わりました。先ず、10年前は、消費者金融の店舗はあらゆる所にありました。しかし、今店舗を見かける事は殆どありません。支店があった所はATMコーナーと面影を残す無人契約機があるだけです。

この10年の間に何が消費者金融の業界で起きたのか?先ずWEB申込み即日融資カードローンが大ヒットしました。それによって、店舗に来るお客さんが激減。

店舗の価値が徐々に低下していき、徐々に店舗が減って行き今のネット(WEB)申込みのスタイルが完全に構築されました。

そしてもう一つが2010年6月に貸金業法が改正され、総量規制が導入されたのです。この総量規制は年収の3分1以上は融資しないと言う法律です。

600万円の年収の人なら、200万円以上を借りる事はできません。余りにも自己破産する人が多かったのです。これが総量規制導入の決定的な決め手でした。

>>プロミスででお金を借りる
>>消費者金融でお金を借りる
>>アコムででお金を借りる


カードローンキャッシングをネット(WEB)で申込む

それでは実際にネットで申し込んでみましょう。

どこの即日カードローンに申込む?銀行?消費者金融?

先ずどこの会社に申し込んでいいのかわからないですよね?ここがキチンと選択しないと後々厄介な事になります。銀行系カードローンや消費者金融のカードローン等があります。さあどこを選ぶか?ここが最初の仕事です。

銀行系カードローンと消費者金融の大きな違いは、金利です。 銀行系カードローンは14.5%前後。消費者金融は上限金利ギリギリ一杯の18%です。

この3.5%の差を侮る事は出来ません。 完済した時の金額に大きく響いてきてしまいます。

先ずが金利が低い銀行系カードローンで申込みをしてみましょう。銀行系カードローンも各銀行微妙に金利が違います。

ここら辺が銀行同士の駆け引きの部分ですね。一番良いのはメガバンクの、三菱東京UFJ銀行。みずほ銀行。三井住友銀行この3行から選択するのが最初はオススメです。

さてこの3つの銀行の中から1つ選んでください。 3つ選ぶのはダメです。

必ず1つに絞り込んで下さい。この3つの銀行のカードローンの金利は、殆ど変りません。迷ったらメインバンクにしているメガバンクです。

この様にして最初は安易に申し込むのは危険なのです。 しっかりと金利や評判等も把握しておく事が重要です。必ず1回で借りる所を決めずにここは慎重に行きましょう。

その上で漸く1社決まったと思います。

お金を借りるのにはこれ位慎重にしなければいけません。ここまで用意周到に計画をお金を借りる時はする物なのですが、皆さんこの1番基礎の部分を忘れています。

さあ漸く、吟味の末借りる所が決まりました。

ここまでかなり長く感じたと思います。

それでいいのです。人間は楽をする習性がありますから、これ位お金を借りる時はしっかりと準備や計画等を練らなければ行けません。これが1番安全策になります。

カードローンの即日ネット申込み

さあそれでは即日融資カードローンのネット申込みをしてみましょう。ホームページに辿りつくと思います。ここで、入力画面に進むようにホームページ上で画面が控えていると思います。ここで先に進むといよいよ、カードローンの申込みの画面に進みます。ここからが勝負です。

カードローンを作る為には、先ずこの空欄を全て埋めなければいけません。結構入力する項目が多いのでミスが無いように慎重に入力していきまよう。最初ですから時間はたっぷりかけてOKです。焦って未入力項目があるとまた、その項目を入力しないといけません。

様は2度手間になるだけです。

しっかりと、入力しないと無駄な時間を過ごす事になります。タイムイズマネー。正しく時は金なりです。この空欄を円滑に埋めて行くと、今度は未入力項目がないとデーターを送信しますか?と表示されます。ここで【はい】を選択するとデーターが送信されます。

このデーターが送信されると、審査が開始されます。

審査に落ちる人は審査時間が物凄く短いです。ある意味即日審査。これは最初に信用情報機関に照会するので、信用情報で審査が落ちる人が出てきます。

その為審査に落ちる人は、審査結果が速く出ます。即日です。

審査の時間は30分程度です。この30分は、とってもとっても長く感じます。

審査待ちの時間は結構神経がすり減ります。しかし、審査時間が平日の場合20分を過ぎれば審査が通過した可能性が高いです。

審査に落ちる人は、僅か5分で今回はご希望に添えませんでしたと言う趣旨のメールが来ます。基本的に審査結果の可否を知るのはメールが、主流です。メールに審査が落ちた時は速くきて、審査が通る人は20分~30分です。

一概に30分だからと言って、絶対に審査が通るとは言えません。ギリギリの攻防をしています。ここで融資可か融資不可かでは雲泥の差です。勝ち組か負け組にわかれてしまいます。ここが審査のギリギリの攻防です。

審査の待ち時間流れは上記の通りです。即日キャッシングするには、時間との兼ね合いがあります。多くの金融機関は午後1時までに審査が終了して、いれば、即日キャッシングが可能です。午後2時までに審査が全て完了していれば、即日キャッシング出来る金融機関もあります。

カードローンは即日キャッシングが主流

今の時代のカードローンは即日キャッシングが主流になっています。

午前中に申込みが完了すれば、審査さえ通れば即日キャッシングする事が可能です。大型連休明けなどは混んでいるので午前中に申し込んでも、即日キャッシングが出来ない事もあります。この場合は致し方ないですね。順番に処理されて行きますからこれだけはどうしようもありません。

即日キャッシングの時間に申し込んでも、在籍する会社が休みだと審査は通っても在籍確認が取れないので即日キャッシングが出来なくなってしまいます。

ここは十分注意しなければいけない点です。会社が休みの日に申し込むと、結局は翌日以降になってしまいます。

これがネット申込みで安全に申し込む方法です。色々申込み方法はありますが、ここで書いた申込み方法が1番安全です。

万全には万全を期す事には全然問題ありません。後は如何にして展開していくかです。これはその人の価値観に委ねられます。